ユーグレナが開く多様な事業分野への展開

ユーグレナが開く多様な事業分野への展開

ユーグレナの多用途な製品への展開

二酸化炭素による環境破壊問題を解決 ユーグレナは、地球規模の食糧問題や化石燃料枯渇に伴う代替エネルギー問題、二酸化炭素による環境破壊問題を解決するという大きな目的に利用されています。
それらの周辺事業の製品へ多様な製品展開が一部では既に行われ、今後も続々と有望な製品が生まれてくる可能性があります。

食糧問題を解決するとして、豊富な栄養成分を活かした食品(サプリメントなどの健康食品含む)や食料分野で直接ユーグレナの摂取を目的とする製品、また栄養成分を他の動植物に与えて収穫量やそれらに含まれる栄養成分を更に高めることを目的として飼料・肥料などに利用されています。

また、ユーグレナにしか含まれない栄養成分のパラミロンには、多くの医学的な効能が認められており医薬品としても期待されています。
その他にもユーグレナに多く含まれる油脂を取り出して代替エネルギー(燃料)製品を作り出したり、プラスチックの原料を作り出す事業分野も今後期待されています。

食品・食料分野、飼料・肥料分野、健康食品、医薬品分野

まず既に多くの製品が販売されているのは、ユーグレナに含まれる59種類もの豊富な栄養成分を利用した食品・食料、健康食品関連の事業分野の製品です。
ユーグレナは、単に栄養成分が多いだけではなく、それらの栄養成分が体内で合成されないため食事などで外部から摂取しなければならない栄養成分が豊富に含まれています。
また、動物、食物のそれぞれに多く含まれている栄養成分をバランスよく含んでいる上に消化吸収も良いと言うメリットまでも併せて持っている食品、肥料などの理想的な材料です。


代替エネルギー(燃料)、プラスチック、化粧品の原料分野

代替エネルギー(燃料)、プラスチック、化粧品の原料分野 ユーグレナは油脂を非常に多く含んでおり、その油としての組成がジェット機用の燃料に近く2018年までに実用化できるよう研究が進んでいます。
また、ユーグレナが光合成で作り出す多糖類に別の油脂を加えて作られるプラスチックは、高温でも硬度が高い上に加工しやすいというメリットがあることからプラスチック原料としても期待されています。
更に、プラスチックを製造するときに使用するエネルギーを従来のプラスチック製品を製造するときよりも削減できると言う環境への優しさも有しています。

化粧品への応用では、ユーグレナに含まれるパラミロンが粒の揃った細かい粒子であることを活かして、化粧品用粉体材料として期待されています。
また、ユーグレナのエキスである「リジューナ」が開発されて、「リジューナ」の持つ紫外線保護効果、皮膚線維芽細胞増殖促進、コラーゲン合成促進、髪の保護効果が期待できるとして化粧品メーカーへ提供されています。


【PR】
・ホワイトニング専門歯科ならホワイトマイスター
・最近身体にガタが来始めた40代リーマンのブログ